仲人は家と家のご縁をつなぐ水引、梅結び

>

結婚式での仲人さん

結婚の証人です

新郎新婦にとって、一番頼れる存在であります。
新郎の会社の上司や大学の教授などお世話になった人がお願いされることが多いです。
当日、結婚式に立会い、無事に二人が婚姻関係を結んだことを見届けます。
新郎新婦が誓いを立て、誰も結婚に異議を唱えないのを確認します。
挙式後の披露宴で二人の結婚式が滞りなく行われたことの報告をするのです。
その際に、二人の人となりや生い立ち、どこで、どうやって出会ったかを簡単に紹介したりもします。
席も花嫁花婿の隣であることがほとんどです。
披露宴も問題なく進行させるのも仲人の務めです。
最後は、花嫁花婿と一緒にゲストをお見送りします。
と、このように結婚式、披露宴の花嫁、花婿のサポートを務めます。

花嫁さんのサポート

一般的に仲人は夫婦で務めますが、仲人さんの奥さまの方は、花嫁さんのサポートという重大な任務があります。
花嫁さんは、喜びと緊張で心がいっぱいでしょう。
普段着慣れないドレスや着物で、身体が締め付けられ、体調を崩すこともあります。
また、お色直しの時の退出や着替えを手伝うこともあります。
着替えは、結婚式場で披露宴をする場合は、式場のスタッフが手伝ってくれますが、誰か知っている人が側に居てくれると花嫁さんも安心します。
着替え後、披露宴会場へ入場するときもサポートします。
座るときに椅子をひいてあげたり、段差があるときは手をかしたりとなにかと気を配るのが仲人さんの務めです。
衣装は、花嫁花婿の衣装に合わせたものがよいでしょう。
女性は黒留袖が一般的です。